視力回復方法とトレーニングあれこれ(動画入り)



スポンサードリンク

視力回復方法ー温感回復法

視力回復トレーニング法の温感回復法は、長時間パソコン作業や勉強や仕事、などで、目に疲労感を感じたときに行うと、とても効果のある、しかもとても簡単にできる視力回復法の一つです。

温感回復法のやり方は、まずあまり熱すぎない程度の蒸しタオルを作り、閉じたまぶたの上にタオルをのせてリラックスします。この状態で数分間静かにしているだけです。

この温感回復法は、目を温めることによって、血行を良くして目のコリをほぐす作用と、気分をリラックスさせ、ストレスを和らげる作用があります。

蒸しタオルが用意できないときには、手のひらをまぶたの上にのせるだけでも、眼を温めることができるのでぜひやってみてください。

温感回復法は、就寝前や日中等、疲労感を感じたときに行うのが効果的です。

寝る前などに行う場合は視力回復効果と共に、ストレスも軽減されるので、心地よい睡眠がとれ、慢性的に疲れやストレスがたまっている現代人にはとても効果的です。

温感回復法は、視力回復トレーニング法というほど大げさなものではありませんが、ストレスを減らし目の疲労回復を狙った方法です。

特別な機器などを使用することなく、家庭にあるタオル一枚で、前述したとおりタオル無しでも出来ますので、ぜひ、温感回復法を試してみてください。
posted by tore at 20:09 | 視力回復方法

視力回復機器ー超音波治療器



視力回復機器に超音波治療器というものがあります。

これは目に超音波エネルギーを発振することにより、目の深層部の細胞組織にまで刺激を与えるマイクロマッサージにより視力を回復する機器です。

効用は下記のとおりです。

1.毛様体筋のコリをほぐして、弾力性を取り戻します。

2.眼球内の血行を良くして、新陳代謝を活発にします。

3.網膜の解像力を高めて、像を明るく感じさせます。

4リンパなどの産生率を増加し眼圧を正常に保ちます。

上記のような効果があるため、自然治癒力が高まり、視力が回復にむかいます。

使い方は、一日に片目だけ10分使用し、次の日はもう片方の目に使用しこれを一日ずつ交互に使用します。

厚生労働省の認可を受けてから今日まで、副作用や障害は全く報告されておらず、十分な安全性が実証されている視力回復機器です。

商標としては、フタワソニック、ミオピア、アイパワー、ソニマックなどです。

その他の視力回復機器に視力回復訓練光学器機というものがあります。

これは双眼鏡のように覗きながら、視力回復に有効な近視凝視法(前後への移動訓練)と拡散訓練(左右への拡散訓練)が同時に行える器機です。

商標としては株式会社アイトレーナーが販売するアイトレーナーがあります。
posted by tore at 11:52 | 視力回復機器
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。